奎章閣画像

Past Exhibition list

奎章閣、韓国学の旅程
期間 : 2012年10月22日~12月15日

場 所 : 奎章閣展示室

1. 奎章閣、韓国学の基礎資産
奎章閣は‘朝鮮の記録文化の宝庫’と呼ばれるほど、多様で膨大な記録物を所蔵している。 

2. 韓国学の道を開く : 解放~1960年代
解放後、韓国学のきちんとした方向性が定められないうちに勃発した6•25韓国戦争という悪条件の中でも、先輩の学者たちは自主的に韓国学の道を開拓してきた。

3. 韓国学の道を照らす : 1970年代
1975年にソウル大学校のキャンパスが冠岳山に移転した際に奎章閣図書管理室が新設されて、奎章閣 図書の管理が体系的に行われるようになり、文庫本の古文献や校書館所蔵の冊板などが編入され、さらに豊富な資料を所蔵するようになった。
 
4. 韓国学の地平を広げる : 1980年代
それまでの時代の努力を基に研究人力と分野や方法が大きく拡大し、奎章閣図書管理室が刊行した目録や解題集は研究者が奎章閣の資料の効率的な活用に寄与した。 

◎ 展示の趣旨
奎章閣の資料を活用した韓国学の主な成果を確認・点検し、奎章閣の資料の活用に関する学界と市民社会の関心を促すために企画された。

PDF download
list